第56回標津岳山開き(2019.6.2)

標津岳概要

標津岳は標高1,061メートル、登山高度差739メートル、登り口から6キロです。
所要時間は3時間程度。
北海道中標津町と清里町との境界にある軽登山コースです。
山頂からは根室平野と斜里岳・摩周岳が一望でき、運が良ければ屈斜路湖も見えるかもしれません。

イベント内容

*温泉無料入浴券プレゼント
AM9時~下山者先着300名
(湯宿だいいち午後1時~午後3時、ホテルモアン~午前10時午後3時~午後10時)
*牛乳無料配布!
先着300名様限定

主催 養老牛町内連合会
後援 中標津町、一般社団法人なかしべつ観光協会、養老牛旅館組合、JAけねべつ
お問合せ/(一社)なかしべつ観光協会0153-77-9733

詳しくは中標津町内、5月28日夕刊の折り込みチラシをご覧ください

登山についての注意点

※下山時間が遅くなると危険です。午前11時頃までの入山にご協力ください。
※最近、山登りにおいて事故が多発しております。体調管理に心がけて楽しい山登りにしてください。
※防寒具・雨具・靴
頂上の気温は山麓よりも10度近く低いので、防寒具は欠かせません。また、山の天気は変わりやすく、雨具は必需品です。靴はそこの暑くて歩きやすいトレッキングシューズが◎
※水筒。非常食
コースの中には水が飲める場所がないので、大きめの水筒に水を入れて持って行きましょう。歩きながら食べられる行動食と、いざという時の非常食も大切です。
※ファーストエイドキット
けがをしたり靴擦れをした場合を想定して、消毒薬と絆創膏、包帯など応急処置が出来るキットを用意していくと安心です。鎮痛剤もあれば◎
※クマよけ(鈴・ラジオなど)
近年ヒグマの出没情報が急増中です。大自然は熊の縄張り、いるのが当たり前です。鈴やラジオを持ち、大勢で賑やかに歩くなど、クマに自分の存在を知らせましょう。

開陽台の今の天気は?

SNSでシェア!