ランチウェイ第2ステージ

第2ステージ
北海道ならではの防風林の中を抜け、牧草地を見ながら歩く10.1km


起伏のある散策路を歩いた後、車も通る舗装道路や砂利道を歩き、板を渡しただけのパナクシュベツ川の橋を渡ります。


その後のレストラン牧舎までの2.4kmはマンパスが多く集中する牧草地を次々と通って行きます。
マンパスは柵を開けて通過したり、跨いで越えたり、登って越えたりします。
※ゲートの閉め忘れに注意しましょう。牛たちが逃げてしまうかもしれません


ランチウェイはクマの住んでいる森を通ります。
沢の前後にクマよけの鐘がありますので、鳴らしてクマに人間がいることを知らせましょう。

H30年5月からコースに変更がありました→→ 第2ステージ変更(1)
H30年11月にコース変更がありました→→第2ステージ変更(2)
敷地内に入る際は今一度地図の確認をお願いします(^^)


(秋には素敵なカラマツの絨毯の上を歩くことができます。)

時に牛たちと出会うこともあるかもしれませんが、触ってはいけません。
牛を驚かしたり、大声を出したり、ゴミを捨てたりはNGです。牧場主のご好意により通行させてもらっているということを忘れずに歩きましょう。
また、牧草地に入る前は必ず消毒しましょう。
牛を飼育する環境に悪い菌や悪さをする菌を入れないこと、他の牧場に感染させないことを目的としています。

第2ステージにある佐伯牧場には美術館やレストランがあります。
ランチウェイグッツ・作家さんの作品・手作りパンもレストラン内にあるので、是非お立ち寄りください。
【レストラン牧舎】

(おすすめのカッテージカレー)
このステージの付近には日曜運休・本数は少ないですが、バス停があります。(町営バス俣落線「群馬バス停」)
バスの運行情報はコチラ

関連記事

  1. ランチウェイ第4ステージ

  2. ランチウェイ第5ステージ

  3. ランチウェイ第1ステージ

  4. 中標津の象徴『開陽台』で地球の丸さを体感!

  5. ランチウェイ第6ステージ

  6. 日本で唯一の酪農ロングトレイル『北根室ランチウェイ』を歩く

開陽台の今の天気は?

SNSでシェア!