日本で唯一の酪農ロングトレイル『北根室ランチウェイ』を歩く

ひがし北海道の自然も文化も歴史も全部感じるロングトレイル
中標津町から弟子屈町まで続く71.4kmの歩く道、北根室ランチウェイ。


この道を歩くと、ひがし北海道の絶景だけではなく文化、歴史、自然、動物を楽しむことができます。
草原の中や車道を歩きますが、必要最小限の標識があり、手作りの看板を探して歩くのも楽しみのひとつです。
普段歩くことのない牧草地帯を歩いていると、広大な草原を歩く爽快感や牛の生きる香りを感じることができます。
6つのコースによって景色や特徴が全く異なるので、71.4kmと長いと感じるかもしれませんが、様々な発見ができます。

第1ステージ
第2ステージ
第3ステージ
第4ステージ
第5ステージ
第6ステージ

すべての行程を歩く場合は、3泊4日で、初日に第1、第2ステージ、2~3日目は第3、第4ステージ、そして3~4日目に第5、第6ステージをゆっくり歩く人もいます。
1泊2日で手軽に歩きたい人には開陽台からスタートする第2ステージ、第3ステージの酪農地帯を堪能するコースがオススメ。養老牛温泉に泊まれば温泉もゆっくりと楽しめ、ひとりで歩きたいが、歩くのに不安がある方・初めての方はガイド同行サービス(有料)もあります。

ガイドご希望の方は予約が必要になりますので、
なかしべつ観光協会 0153-77-9733
北海道ウォーキングネットワーク 015-482-1602
までお問い合わせください。

詳しいコースガイドは北根室ランチウェイHPをご覧ください。
詳細地図がダウンロードできます。
http://kiraway.net/howtowalk
 

ランチ(大牧場)ウェイは名前の通り、トレイルはいくつもの牧場の中を通っています。その為、牛が解放されているところを間近に見ることができます。しかし、口蹄疫という伝染病の予防のため牧場主の許可なしに家畜に触れたり、近づいたりしないようにしましょう。

 ゆったりとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。 装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、

・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。

・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。

・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、

自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。
北根室ランチウェイより引用 http://kiraway.net/ 

関連記事

  1. ランチウェイ第5ステージ

  2. ランチウェイ第1ステージ

  3. ランチウェイ第6ステージ

  4. 中標津の象徴『開陽台』で地球の丸さを体感!

  5. ランチウェイ第2ステージ

  6. ランチウェイ第4ステージ

開陽台の今の天気は?

SNSでシェア!